とうもろこし

しのはら園芸のとうもろこしが最高に甘い2つの理由

IMG_0859.jpeg

甘みの理由①
~15年に渡る品種選び~

まず1つ目の甘みの理由は品種にあります

一概には言えませんが、しのはら園芸では

とうもろこしは「小さいものほど甘い」と考えています

 

小さければその分甘みや旨み成分が凝縮され、

味が濃く甘みが深くなる

これは五代目夫婦が、15年以上前から

自ら世界各地の品種を食べ比べ

実際に原村で栽培し、土地に合った

最良のとうもろこしを探求した上での

経験からくる言葉です

「小さいものほど甘い」

 

15年に渡る品種選びの末に

たどり着いたからこその甘さです

IMG_0433.jpeg

甘みの理由②
~自然の力~

とうもろこしは、日中光合成してデンプンを蓄え

夜間にそのデンプンを糖に変えるため

寒暖差が大きくなればなるほど甘みが強くなります

しのはら園芸は八ヶ岳の麓、標高1140mの高冷地にあり

夏場の日照時間が長い上に、夜間は冷えるため

日夜の寒暖差が全国屈指に大きいです

その夏場の寒暖差によって、

とうもろこしの甘みが最高潮に達します

 

そこに自然由来の堆肥をふんだんに使った土作りを生かし

 

「太陽×気温×土」

これら自然の力の掛け合わせによって

他では食べられないほど甘みの強いとうもろこしが育ちます。

IMG_1021_edited.jpg

品種:ピクニックコーン、未来390

2020年度しのはら園芸のとうもろこしは
「ピクニックコーン」と「未来390」の2品種を扱います
とうもろこしの中で最も甘いとされるピクニックコーンが8月
食味と甘みのバランスがいい未来390が9月にそれぞれ収穫予定です

✉️shinohara.engei@gmail.com

電話:050-5375-9570

FAX:0266-79-5605

〒391-0100 長野県諏訪郡原村16267-307

  • Instagram

©2019 by 篠原園芸. Proudly created with Wix.com